富岡長子は結婚して子供がいた?真相がヤバイ!


12月7日に3人が死傷するという富岡八幡宮事件が起きましたが未だ騒動は鳴り止まないようです。今回の事件で最初の被害者となったのは富岡八幡宮の宮司である富岡長子さんであり犯行に及んだのは弟の富岡茂永容疑者と妻の真理子さんでしたが最終的に自決しているため、謎多き事件と言われています。

宮司を務めていた富岡長子さんですがどのような人物であったのか、また結婚して子供はいたのか気になるところです。そこで今回は富岡長子さんについて詳しく調べてみました!
スポンサーリンク



​​富岡長子は結婚して子供がいるのか?

​​​​弟の強い恨みによって犠牲となった富岡長子さんですが結婚して子供がいるのか非常に気になるところであります。

調べてみたところ富岡長子さんは結婚もしておらず子供もいなかったとされています。

一部の情報によりますと富岡長子さんは中学を卒業後、高校へ進学しておらず若い頃は喫茶店でアルバイトをしていたそうです。20歳の時に客として来ていた国鉄勤務の男性と結婚し子供を授かっていたと言われています。

しかし子供を見捨てて男性と離婚しており中卒だった富岡長子さんを雇ってくれる会社はどこにもなく、困っていた時に父親の興永さんが神社の経理を担当させたそうです。

つまり富岡長子さんはバツイチで過去に授かった子供は元夫が親権を持っているみたいですね。

◯関連記事

富岡長子の顔が変で怖いと話題に!その理由とは?

富岡茂永の息子の名前がヤバイと話題に!

富岡茂永の嫁画像はあるのか?動機がヤバイと話題に!

スポンサーリンク



​​富岡長子は妹の子を後継者にしようとしていたのか?

​​富岡八幡宮事件は主犯の富岡茂永容疑者が自身の息子を宮司にさせるために犯行に及んだと言われています。

一方で富岡長子さん側は妹の子を後継者にしようとしていたという情報があるようですがその計画は実行する事が出来なかったそうです。

過去に富岡長子さんはまだ宮司ではない時に天皇陛下が「富岡八幡宮」と称えて創立した記念碑に富岡長子さんの名前で「宮司」と刻んだ事や神域に洋風の豪邸を立てるなど、そういったゴタゴタがバレて問題となったため妹の子を後継者にするといった事は認められなかったといいます。

報じられたニュースなどで富岡長子さんは真っ当な愛国者であり古き良き思想を守っていたという風に紹介されていましたが大分意見が食い違っていたようですね。

事件内容を見る限りではお金や宮地としての地位を巡る非常にドロドロとした争いです。

​​富岡長子の妹について!富岡八幡宮の宮司は誰になるのか

​​先ほど説明したように妹の子を後継者にしようとしていた富岡長子さんですがネット上ではその妹さんに注目が集まっているようです。

富岡長子さんの妹がこちら!

残念ながら後ろ姿の画像しか見つける事が出来ませんでした。ちなみに妹の名前やどんな職業なのかについては情報が一切出回っていません。

富岡長子さんは妹の子を後継者にしようとしていたので妹は富岡長子さんと仲が良かったと推測できます。

今回の事件では宮司を務めていた富岡長子さん、元宮司の富岡茂永さんとその妻の真理子さんの3人がお亡くなりになられています。

では富岡八幡宮の次の宮司は誰が務めるのでしょうか。

事件を起こした茂永容疑者には息子がおり茂永容疑者は「息子を宮司にしなければ子孫の代まで祟り続ける」という怪文書を送っていました。

となれば茂永容疑者の息子が宮司になる可能性がが高いかもしれません。

というかこれだけの事件が起きたため富岡八幡宮に参拝しに来る方は激減していると思います。
スポンサーリンク



こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA