富岡茂永の息子の名前がヤバイと話題に!


現在大きく話題として取り上げられている富岡八幡宮事件ですが当事者全員が亡くなられているため事件を起こした富岡茂永の本当の目的は迷宮入りと言われているようです。

富岡茂永さんは2度結婚をしておりその際に2人の子供を授かっています。

そういった事から息子の名前を調べている方々が多いみたいでネット上では富岡茂永の息子はパチンコYouTuberの富岡ウルフなのでは?と噂されているそうです。

そこで今回は富岡茂永さんの息子と噂されている富岡ウルフさんについて詳しく調べてみました!
スポンサーリンク



​​富岡茂永の息子の名前は富岡ウルフ?

​​今回日本を震撼させた富岡八幡宮事件ですが事件を起こした富岡茂永さんの名前に注目が集まっているようで気になるところです。

情報によると茂永さんの息子さんは非常勤として神社で働いており職場での評判は非常に良かったと言われているようです。しかしネット上では富岡茂永さんの息子さんに当てはまる人物が特定されているんだとか。

茂永さんの息子とされている人物は「富岡ウルフ」という名でパチスロ番組に出演しており事件が起きてすぐに動画が削除されていたそうです。

どうでしょうか、注目してほしいのは富岡ウルフさんの格好です。パチスロ番組に出演する方にしては珍しい格好をしている事が確認できます。

そして富岡ウルフさんについて調べたところこんな情報を発見しました。

・富岡茂永と最初の妻の息子
・本名は富岡秀之
・富岡長子によって富岡八幡宮をクビに
・パチンコ、パチスロ神社YouTuber
・また現在は馬橋稲荷神社の権禰宜

これだけの情報が出回っているようですがどうなんでしょうね。

しかしユーチューバーとして活動している富岡ウルフさんは事件直後に動画を削除していますし、何か臭います。

もし富岡ウルフさんが実の息子であるなら今後のユーチューバーとして活動やパチスロ番組への出演等は一切出来ないでしょう。父親が起こした大事件とはいえ、これから大変な人生を送らなければいけないと推測できます。
スポンサーリンク



​​息子を宮司にする為に犯行に及んだ?

​​長年の恨みが理由で犯行に及んだと言われている富岡茂永さんですが茂永さんが近隣住民の方々に送ったとされる怪文書の内容が話題なっているようです。

その怪文書の文中には

「息子を宮司にしなければ関係各と子孫の代まで祟り続ける」

という恐ろしい内容の文が書いてあり、この手紙は茂永さんが自殺してから関係者に届いたと言われていますので非常に怖いですよね。

文中にあった「息子を宮司にしなければ」という言葉を見る限り今回の事件は息子である富岡秀之さんを宮司にするためだったと推測されてもおかしくありません。

ちなみに息子の富岡ウルフこと富岡秀之さんは昼間に富岡八幡宮でアルバイトしながら国学院大学神道科2部に進学し卒業。

明階という宮司になれる資格を取得したものの当事からすでに富岡長子さんが権力を握っていた為、秀之さんを神職とせずにアルバイトとして礼遇されたそうです。

2010年に富岡長子さんが宮司代務者となった後に秀之さんは勤務状況が悪いことを理由に富岡八幡宮を懲戒解雇の処分とされました。秀之さんは裁判で争ったものの敗訴し懲戒解雇が確定、そして神社の社宅から追い出されたそうです。

こういった出来事もあったため富岡茂永さんは息子を宮司にさせる為に犯行に及んだと言われているみたいです。

◯関連記事

富岡長子の顔が変で怖いと話題に!その理由とは?

富岡茂永の嫁画像はあるのか?動機がヤバイと話題に!

富岡長子は結婚して子供がいた?真相がヤバイ!

スポンサーリンク



こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください