宮川紗江のほくろは悪性メラノーマ?除去の可能性やマインドコントロールと言われる理由とは?


塚原千恵子強化本部長のパワハラ問題で話題となった宮川紗江選手。

そんな宮川紗江選手のほくろが悪性のメラノーマで除去した方が良いとの声が上がっているようで真相について気になるところ。

さらにストックホルム症候群やマインドコントロールされているとの声も上がっているようで理由は何なのか。

そこで今回は宮川紗江選手のほくろが悪性のメラノーマで除去した方が良いと言われる理由やマインドコントロールされている説について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

宮川紗江のプロフィール

名前:宮川紗江 (みやがわ さえ)
生年月日:1999年9月10日
年齢:18歳
血液型:不明
出身地:東京都西東京市
身長:141㎝
体重:34kg
出身中学:西東京市立青嵐中学校
出身高校:西武台高等学校
競技:女子体操競技
所属:セインツ体操クラブ

ほくろが悪性メラノーマ?

宮川紗江さんの鼻の横には大きなホクロがありますがネット上では悪性のメラノーマなのではないかと話題になっています。

このように宮川紗江のホクロが悪性メラノーマと噂されているようですが、もし悪性メラノーマであるならば高須院長がいち早く除去した方が良いと言うはずです。

ので悪性のメラノーマである可能性は低いかもしれませんが高須院長はホクロの除去について言及されていました。

高須院長は除去するのは本人次第だと言っていたようで宮川紗江選手の依頼次第で早急に除去できるみたいですね。

一部では宮川選手のホクロがブサイクだと言われていますが、今ではチャームポイントとなっていますし除去しない方が良いといった声も沢山上がっています。

また、「活きホクロ」で鼻の横にあるという事で縁起が非常に良いんだとか。

スポンサーリンク

ストックホルム症候群?

宮川紗江選手に対してストックホルム症候群でマインドコントロールされているのではないかという声が上がっていますが真相について気になるところです。

宮川紗江選手がストックホルム症候群でマインドコントロールされていると言われる理由についてまとめてみると、

  • 速見コーチが暴力を認めても宮川選手が完全否定
  • 数年前に暴力があったが最近は無くなったため良い人だと思い込んでいる

といったように言われていますが宮川選手と速見コーチは東京五輪で金メダルを獲得する為に頑張ってきたので、宮川選手が速見コーチを擁護するのは当然だと思います。

なので暴力を完全否定する理由はマインドコントロールやストックホルム症候群ではなく速見コーチと東京五輪で金メダルを獲得したいという強い気持ちの現れだと推測します。

◯関連記事

宮川紗江が速見コーチに恋愛説とは?高須院長の支援が男前すぎる件についても!

日本体操協会会長、二木英徳の顔画像や経歴は?家族や塚原夫婦とグルの可能性についても!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください