安田純平の両親の千羽鶴が星型で韓国式と言われる理由は?後藤健二との違いについても!


シリアで3年間拘束され無事に日本に帰ってきたジャーナリストの安田純平さん。

そんな安田純平さんの両親が折った千羽鶴が韓国式なのではないかと話題になっているようで真相が気になるところ。

また後藤健二さんとの違いは何だったのかについても注目されています。

そこで今回は安田純平さんの両親が折った折り鶴について、後藤健二さんとの違いについて詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

両親の千羽鶴が韓国式?

安田純平さんの両親は息子の無事を願うべく千羽鶴を毎日折っていたそうです。

メディアの取材に対して折った千羽鶴を見せるのですが鶴ではなく日本では見かけない星型の千羽鶴だった事からネット上で大きな話題となっています。

韓国のビョルという物であることが判明した事でネット上では「やっぱり」という声が相次いでいます。

ところが両親や嫁のMyuさんは安田純平さんの「私は韓国人のウマルです」という発言に対してコメントを発表。

心当たりがなく、初めて聞いた話だ。日本人なのに…

しかし嫁のMyuさんは安田純平さんのことをパク・ホットクと呼び、シリアではウマルと呼ばれていたり矛盾が多いのです。

また、安田純平さん自身はウマル発言に対し「監禁場所が外部にバレないように実名や国籍を言ってはいけないルールが徹底された」もコメントしています。

ところが韓国人と名乗るも日本語で話すなどこちらも矛盾が生じているのです。

この件に関して安田純平さん本人の口から真相が明かされると思うので新たな情報が入り次第追記させていただきます。

スポンサーリンク

後藤健二との違いは?

安田純平さんの拘束や解放を受けてネット上ではイスラム国に殺害された後藤健二さんとの違いについて比較されています。

やはり安田純平さんはシリア入国前にTwitterで日本政府を「チキン国家」と批判したりフィフィさんに対しての人種差別、そしていざ拘束されると助けてください。

また、過去に何度も拘束されては、自己責任だからと日本政府を批判する懲りない感じに胡散臭さを感じます。

おそらく安田純平さんよりも後藤健二さんの方が助かって欲しかったという声が相次ぐ理由は人間性の問題なのかもしれませんね。

◯関連記事

安田純平の拘束が自作自演と言われる理由!健康状態が矛盾して怪しい件についても!

スポンサーリンク

Twitter上の反応まとめ!

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください