安田純平が会見で目が泳ぎすぎて不自然?矛盾が多くて記者が忖度?


11月2日に記者会見を行い、拘束から解放までの流れを語った安田純平さん。

しかし会見中に何度も目が泳いでいる事から拘束は嘘で話を盛っているのではないかと話題になっているようです。

また、質疑応答する記者が忖度していると注目されています。

そこで今回は安田純平さんの会計動画や目の泳ぎが不自然で拘束が嘘っぽい件について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

会見で目が泳ぎすぎ?

11月2日に会見を行った安田純平さんですが拘束までの流れ、拘束生活の実態を語っていた時に目が泳ぎすぎて不自然だと話題になっているようです。

会見の動画を見てみると、

このように目が左右に泳いでいる事から嘘を考えながら質疑応答しているのではないかと注目されています。

ちなみにメンタリストのDAIGOさんは「人は嘘をつく時に目がよく動く」と語っていますがどうなんでしょうね。

ネット上では安田純平さんの会見を見て目の泳ぎ方に違和感を感じた方が多いようです。

特に拘束生活の真実を語る時には目の泳ぎが激しくなり、何か話しを盛っているかのようにも感じました。

スポンサーリンク

質疑応答で記者が忖度?

3年間の拘束生活から解放され無事に帰国した安田純平さんですが会見では話の内容が曖昧で記者も忖度して質問しているのではないかと話題になっています。

国民が知りたがっているのは安田純平さんが拘束時の動画で語った、韓国人のウマル発言やパスポート問題についてですが、記者の口からはそういった質問がされていません。

本人の口からは拘束までの流れや拘束生活、政府とのやり取りについてしか語られておらず、いわばどうでもいい話ばかりでした。

そもそも質疑応答まで2時間もかかり、記者に対する返答が長いため、質疑応答の時間も限られてしまってたのです。

拘束生活など詳しく語られていましたが国民が知りたがっている情報は語られることがありませんでしたね。

監禁生活に矛盾が多い?

安田純平さんの口からは語られた3年間の厳しい拘束生活ですが本人の証言にはいくつもの矛盾があると言われています。

拘束生活の内容

  • 関節の音や鼻息は禁止
  • 24時間身動き禁止
  • 8ヶ月間水浴び禁止

とにかく監禁部屋の中では小さな音すら出す事を禁じられていたようです。

しかし、いくつかの矛盾があります。

  • 鼻息立てないように思い切り鼻をかむ
  • 絶望してドアをバンバン蹴って文句を言う

音を立て禁止のはずでしたが鼻をかんだりドアを蹴ったりとツッコミどころ満載です。

さらに3年間も拘束されていたとは思えないほど元気ですし肌は綺麗でハリまであります。

一部では監禁ではなくホームステイ状態だったのではないかといった推測がされており矛盾点の多さを考えると可能性は高そうです。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください