宇都宮動物園の捨て犬の犯人はブリーダーで業者はどこ?里親募集やその後についても調査!

スポンサーリンク

無責任な人間によって20頭の犬が宇都宮動物園に捨てられていた事件。

ネット上では捨て犬の犯人がブリーダーではないかと言われているようです。

また、捨て犬の里親募集やその後についても気になるところです。

そこで今回は宇都宮動物園の捨て犬犯人がブリーダー説について、里親募集やその後について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

宇都宮動物園に20頭の子犬が捨てられる!

宇都宮市上金井町の宇都宮動物園で半年間で20頭の子犬が捨てられる事件が発生。

上記の写真を見て分かるように犬たちはダンボールに入れられた状態で宇都宮動物園に捨てられており、無責任かつ身勝手な人間による行いに憤りを感じます。

自分の手に負えなくなったから捨てるという考えが意味不明ですし、犯人はこんなに沢山の命を粗末に扱える程の人間なので、この先必ずバチがあたるでしょう。

スポンサーリンク

犯人はブリーダーの可能性

ネット上では沢山の犬を動物園に捨てた犯人が誰なのか注目が集まっておりブリーダーの犯行だという情報も。

報道では捨てられた犬の種類が同じである事から同一の繁殖業者が関わっているとの事で予定より増えすぎたため、捨ててしまったという事なのでしょうか。

ペットブームは続いており日本国内には数え切れないほどの繁殖業者が存在しますが悪徳な業者が後を絶たないと言われています。

YouTubeでは「せやろがいおじさん」がペット業界の闇について発信しており、人間の身勝手さで捨てられる犬たちの悲しい末路について訴えているのです。

犬を動物園に捨てた犯人について詳しい情報が入り次第早急に追記したいと思いますので今しばらくお待ちください。

スポンサーリンク

捨て犬の里親募集やその後について調査!

身勝手すぎる捨て犬事件ですが捨てられた犬たちの里親募集やその後について注目が集まっているようです。

里親募集やその後について調査したところ、20頭のうち、19頭の引き取り手が見つかっている事が判明しました。

ちなみに残りの1頭については宇都宮動物園が引き取ってショーに参加させるとのこと。

引き取り手が見つかって非常に安心しましたが、今回のケースを知った悪徳業者が模倣犯となって全国各地の動物園に捨て犬を置いていかないと良いのですが…

スポンサーリンク

ネット上の反応まとめ!

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください