大濠ハンナが障害で喋り方が嫌いと言われる理由とは?真相がヤバイ!


現在ハーフタレントとして活動しているモデルの大濠ハンナさん。

そんな大濠ハンナさんに対してネット上では「障害」や「喋り方が嫌い」といった声が相次いでいるようで理由が気になります。

そこで今回は大濠ハンナさんが障害で喋り方が嫌いと言われる理由について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

大濠ハンナのプロフィール

名前:大濠ハンナ (おおほり はんな)
本名:藤崎亜紀
生年月日:1987年10月23日
年齢:30歳
血液型:O型
出身地:福岡県
身長:167㎝
スリーサイズ:B80 W59 H85
趣味:猫カフェ
特技:バドミントン
職業:モデル、タレント
活動期間:2009年〜
所属事務所:スターレイプロダクション

大濠ハンナさんは父親が日本で母親がアメリカのハーフであり姉も芸能界で活動している藤崎ミシェルさんです。

藤崎ミシェルさんは「あいのり」に出演していた事があり、わずか5日で帰国するという前代未聞の最短記録を叩き出して当時は大きな話題となりました。

地元である福岡県でモデル活動をしていた大濠ハンナさんは21歳の時に「福岡県天神地下街イメージガール2009」に抜擢されます。

ロンドンハーツの「ドッキリオーディション第3弾!未来のハーフタレントを探せ!」という企画に出演した事を機に知名度が一時的に上がりました。

現在は主にモデルとして活動していますがちょくちょくテレビに出演するなどこれからが楽しみだと期待されているようです。

スポンサーリンク

障害だと言われる理由は?

モデルやタレントとしてテレビ露出がたまにある大濠ハンナさんですがネット上では障害だと言われているようです。

この件について調査してみたところ大濠ハンナさんが障害だと言われている理由は喋り方が関係している事が判明しました。

そこで動画で確認してみると

聞き取りにくいというかわざとその喋り方しているの?と疑いたくなるような喋り方をしていますよね。

これを受けてネット上では「障害」や「喋り方が嫌い」といった声が相次いだそうです。

また、病気なのでは?という声も一部では上がっていたそうですが2015年に大濠ハンナさんの所属事務所が投稿した動画を見ると

この動画を見る限りでは、大濠ハンナさんがわざとあの喋り方をしているのではなく元々そういう喋り方である事が分かります。

普段の喋り方で話しただけなのにネット上で病気や障害という声が上がるのは視聴者にとって大濠ハンナさんの喋り方が相当不快だったからなのでしょう。

それにしても独特すぎる喋り方ですし聞き取りづらいですよね(笑)

喋り方が変な原因とは?

大濠ハンナさんの喋り方が変すぎると言われていますが原因は何なのでしょうか。

大濠ハンナさんはアメリカと日本のハーフですが英語は一切喋る事が出来ず生まれ育った福岡の博多弁しか喋れないそうです。

博多弁で育ったため標準語でも話す事が出来ず番組で話すと普通の人からしてかなり聞き取りづらいんだと思われます。

それだけでなく大濠ハンナさんは博多弁の他にも発音が聞き取りづらいのも原因の一つだと思いました。

華丸大吉さんもバリバリの博多弁で話していますが聞き取りやすいですよね?

なので大濠ハンナさんは喋り方ではなく発音の仕方でかなり損しているようです。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA