大本萌景の死因は自殺だった?真相が明らかに!


愛媛県松山市を拠点に活動するグループ「愛の葉Garls」のメンバー大本萌景さんが16歳の若さでお亡くなりになりました。

大本さんは愛の葉Gardlsの中心メンバーでありグループ内で大きな人気を得ていましたが死因は一体何だったのでしょうか。

そこで今回は大本萌景さんの死因や経歴などについて詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

愛の葉Gardls大本萌景が死去

​​報じられた情報によると大本萌景さんは2018年3月21日に16歳という若さで死去していた事が分かりました。

大本さんの母親は亡くなる前日に仲の良い友人らの助けと励ましもあり自分なりの方向性がついたばかりだったとコメントしており早すぎる死が悔やまれています。

大本さんの死去を受けて愛の葉Gardls事務局は23日に公式サイトを通じて謝罪とともに愛の葉Gardlsの活動自粛を発表しました。

ちなみに大本萌景さんの死因については明かされておらず死因について気になります。

スポンサーリンク

​​大本萌景の死因は自殺だったのか?

​​愛の葉Gardlsの中心的メンバーだった大本萌景が16歳という若さでお亡くなりになられていますが具体的な死因については一切言及されておらず死因について気になっている方が多いようです。

そこで大本萌景さんの死因について調べてみたところ自殺していた事が判明しました。

国内メディアでは大本さんの死因について触れていませんでしたが実は海外メディアが死因の詳細について公表していました。

3月23日に配信されたapple dailyでは大本萌景さんの死因を自殺と報じています。

さらに大本萌景さんのファンとみられる方がTwitterで大本さんの死去が発表される前に死因を把握していたそうです。

海外メディアの報道、さらにはファンの方までもが死因を把握されているので事実の可能性が非常に高いと思われます。

また大本萌景さんが何らかの悩みを抱えていたとも明かされており自ら命を絶った理由に関しては本人にしか分かりません。

◯関連記事

大本萌景の自殺は社長の裏切りが原因?社長の名前や顔画像について!

​​大本萌景のプロフィール

​​名前:大本萌景 (おおもと ほのか)
生年月日:2002年10月23日
年齢:16歳
血液型:O型
出身地:愛媛県松山市
身長:154㎝
趣味:テニス、農業
特技:走ること

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください