大宮火事で被害者の名前や写真が報じられない理由とは!?


12月17日の午後14時過ぎに埼玉県さいたま市大宮区の通称「北銀」と呼ばれる繁華街で起きた風俗店「kawaii大宮」で起きた火事ですが時間が経つにつれ被害者の状況や出火原因などが明らかになってきているようです。

今回の火事で男女4人がお亡くなりになられていますが被害者の名前が報じられていません。神奈川県座間市で起きた9人殺害事件では遺族から「名前は報じないで欲しい」という願いを無視され実名や顔画像まで報じられました。

ではなぜ今回は被害者の名前が報じられないのでしょうか。そこで今回は大宮で起きた火事の被害者の名前が報じられない理由について詳しく調べてみました!!
スポンサーリンク



​​大宮の風俗店で起きた火事の原因は?

​​12月17日に起きた大宮の風俗店での火事ですが原因は何だったのか気になるところです。

調べたところ火元はゴミ置場と推測されており原因としてタバコの不始末が考えられます。また搬送された男女3人は死因が一酸化炭素中毒だった事が判明しているようです。

報じられた内容によると火事が起きた風俗店の中は窓が非常に少なく階段も急な作りになっているためすぐに逃げ出す事が出来なかったとされており非常口付近には大量の段ボールが置いてあったとのこと。

つまり火事が起きた時には煙が充満しやすく逃げ道がない状態だった事が分かります。

メディアでは火事が起きた風俗店で勤務していた女性や利用者の男性らにインタビューしており「店内は狭くて窓が少ない印象だった」「火事が起これば逃げれない狭さ」といったコメントをしている事から、利用者から見ても店内が狭い作りになっていた事が判明しています。
スポンサーリンク



​​被害者の名前が報道されない理由

​​今回の火事で亡くなられた被害者は男女4名と報じられていますが名前は今の所では一切報じられていません。

しかし神奈川県座間市でおきた9人殺害事件では残虐で悲惨な事件だったにも関わらず被害者の名前は次々と公表され「家族の実名は報道しないで欲しい」という願いは無視されています。

今後、被害者の身元の確認が進めば「どこの誰」がといったような情報が分かってくるかもしれませんね。

風俗店で起きた事故だから特別に実名は報道しない、という訳にはいかないと思いますが被害者の実名が報じられる事によって働く女性や客の男性は周りの友人や家族といったこれまで携わってきた方々から変な見方をされてしまいます。

また実名を明かされる事によって被害者遺族らは違った目でみられてしまう可能性が高いと思います。

ネット上では「人生の最後が風俗店とかヤバイでしょ」や「家族はどんな思いをするのか」といった声が沢山上がっているようで確かに人生の最後が風俗店だとは想像も出来ないです。

先ほども言ったように被害者の身元の確認が取れ次第で名前が報じられる可能性が高いですが我々からしてみるとご遺族の方々の気持ちを考えて実名報道は避けてほしいものですね。

​​最後に

​​今回大宮の繁華街にある風俗店で起きてしまった火事ですが4名の男女が亡くなられていますし報道する側も遺族の方の気持ちを考えて実名報道は避けてほしいと思いますし現にそういった声が沢山上がっています。

メディアによって実名や顔画像が公開されるとfacebookやツイッターで被害者がどのような方だったのか調べる方が沢山出てくると思われますので本当に今後が心配です。

火元はゴミ置場からであると推測されているのでタバコの不始末には十分に注意しなければいけない事が身にしみて分かりました。
スポンサーリンク



​​

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA