大原直美(美術モデル)が当たり屋で売名と言われる理由は?会田誠の作品画像についても!


大原直美さんがセクハラ的内容を含む講義を行った会田誠氏を招待した京都造形芸術大を経営する「瓜生山学園」を告訴。

これを受けてネット上では大原直美さんに対して「当たり屋・売名」という声が上がっているようで真相が気になるところです。

そこで今回は大原直美さんが当たり屋で売名と言われる理由や会田誠さんの作品画像について調べてみました!

スポンサーリンク

大原直美が当たり屋で売名と言われる理由は?

大原直美さんは京都造形芸術大の東京キャンパスで公開講座を受け、ゲスト講師として参加した会田誠さんの講義内容が過激だった事から精神的なストレスを受けたと主張。

会田誠さんは涙を流した少女が暴行された絵や、全裸の女性が排泄している絵をスクリーン上に映し出し、下ネタで講義を盛り上げていたそうです。

講義後、大原直美さんは吐き気や不眠症の症状が続き、病院では急性ストレス障害の診断を受けたと明かしました。

しかし、会田誠さんが講師だと事前に告知されていた事から大原さんに「当たり屋」との声が殺到しているのです。

確かに、ゲスト講師が会田誠さんであると事前に告知されていた訳ですし、前もって調べていれば講義を受けなくて済んだはずです。

ネットで調査しておけば、どういった内容の講義やトークをするのか予想がつきますし、今回の件に関しては自己責任としか言いようがないと思うのですが…

しかし、会田誠さんの作品に対して気持ち悪いといった声を上げる方が多いんだとか。

スポンサーリンク

会田誠の作品画像は?

大原直美さんが急性ストレス障害を患うほど精神的ダメージを受けた会田誠さんの作品ですが一体どのような作品なのか。

それがこちら!(※ショッキングな画像あり)

会田誠の作品画像

主に女性がモチーフとなっているため、女性が見るとショッキングな作品に感じてしまうかもしれませんが会田誠さんは現代美術を代表する画家であり、これが作風です。

今回の騒動に関しては、過激シーンがある映画を自ら見に行き、精神的ストレスを受けたから訴えたと見えてしまいます。

無理やり見せられたとかそういうものでは全くないので、

  • 自己責任だろ!
  • 事前に調査しなかった方が悪い

と批判が殺到しても仕方なさそうですね…

また、会田誠さんが反論する理由も分かりますし作品を侮辱されたと感じていてもおかしくないと思います。

スポンサーリンク

ネット上の反応まとめ!

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください