土俵で女性禁止の理由が明らかに!神様が関係している?


京都府舞鶴市で行われた春巡業で多々見良三市長が土俵上で倒れた際に医師とみられる女性が土俵に上がり心臓マッサージが行われたのですが場内アナウンスにて

女性は土俵から降りてください」との指示がされ疑問の声が相次いでいます。

なぜ土俵に女性が上がることが禁止されているのか理由が気になりますよね。

そこで今回は春巡業で市長が倒れた騒動や女性が土俵に上がる事が禁止されている理由について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

​​土俵に上がった女性に対して降りろとの指示に批判殺到!

2018年4月4日に京都府舞鶴市で開催された大相撲舞鶴場所で土俵上で挨拶をしていた多々見良三市長が突然倒れたそうです。

そこで現場にいた医師の女性が土俵に上がり心臓マッサージを行なっていました。

しかし心臓マッサージを行なっていた女性に対して「女性は土俵から降りてください」と場内アナウンスが数回行われたのです。

理由は土俵では女性禁止という昔からの仕来りを守るためでしたがネット上では、この行いに批判の声が殺到しているようです。

どうやら観客の中にも「土俵は女性禁止じゃないの?」と声を上げていた方がいたようで人の命が関わっているのに、なぜそっちの方が心配なのかと神経を疑ってしまいますね。

スポンサーリンク

​​なぜ女性は禁止なのか?

​​今回の事件を受けてネット上では女性差別だろ!と批判の声が殺到していましたが、なぜ女性は土俵に上がることを禁じられているのか気になるところです。

この件について調査してみたところ女性が土俵に上がることを禁じられている理由は

神様がやきもちを妬くから」だそうです。

相撲のルーツは農村で豊作を祝う儀式でありその豊作の神様というのが女性でした。

女性の神様を楽しませるために男達が力比べをする出し物として後に相撲が生まれたとのことなので女性が土俵に上がるという行為は女性の神様がやきもちを妬いてしまうため女性禁制という仕来りがあるみたいです。

女性の神様がやきもちを妬くのは分かりましたが今回の件は人の命が関わっていますので緊急事態の時に仕来りを押し付けるのはあんまりだと思います。

ただでさえ相撲界のイメージが急落しているのに今回の事件で更なるイメージイメージダウンとなり色んな意味で印象が悪く負の連鎖ばかりしていますね。

ネット上の声まとめ

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA