周防郁雄と加藤あい抱っこ写真の真相がヤバイ!


去年まで日本レコード大賞の最高責任者である制定委員長を務めた叶弦大氏が芸能事務所バーニングプロダクション社長の周防郁雄氏による「賞を私物化」していたとして週刊文春に実名告訴されているようです。

昨年に週刊文春は三代目JSBの所属事務所LDHがバーニングプロダクションに1億円を支払っていたと報じましたが叶氏は今回その時の請求書の存在を明かしているとのこと。

ちなみに「芸能界のドン」と呼ばれている周防郁雄さんはあまり世間に知られておらず検索すると関連ワードに「加藤あい 抱っこ写真」と表示されますが一体どういう事なのでしょうか。そこで今回は周防郁雄さんと加藤あい抱っこ写真との関係について詳しく調べてみました!
スポンサーリンク



​​​​周防郁雄のプロフィール

​​名前:周防郁雄 (すほう いくお)
生年月日:1941年1月11日
年齢:76歳
血液型:非公表
出身地:千葉県市原市
最終学歴:市原高等学校
職業:実業家

​​周防郁雄と加藤あい抱っこ写真の関係について!

​​​最初にも説明しましたが周防郁雄と検索すると関連ワードに「加藤あい 抱っこ写真」と表示され非常に興味深い内容となっていますが真相は何なのでしょうか。

実際に加藤あいさんの抱っこ写真について調べてみましたが画像は見つかりませんでした。なぜこの様な関連ワードが表示されたのかというと加藤あいさんは周防郁雄さんに枕営業していたからだと言われているからです。

その様な関係になった経緯がヤバすぎると話題になっており、周防郁雄さんのあだ名が芸能界のドンという事には理由があり裏では「芸能界のブラックホール」と呼ばれているからだとされています。
スポンサーリンク



​​バーニングプロダクションの事業拡大方法がヤバかった!加藤あいの枕営業の流れについて!

周防郁雄さんのバーニングプロダクションという芸能事務所の事業拡大方法が卑怯すぎると言われているのです。

①目をつけた別の事務所に所属する女性タレントを自分の権力でマスコミやメディアを誘導させてバッシングさせる。
​​
​​②マスコミによってバッシングされた女性タレントの人気が急落し所属事務所の経営が悪化する。

③その事務所に資金を提供してバーニングプロダクションの傘下に置き、人気が急落した女性タレントのイメージアップを画策。

④手助けした事務所の見返りとして女性タレントに愛人関係を要求。

一度マスコミに叩かれまくったのにも関わらず急に復活してメディア露出が多い女性タレントは、恐らく周防郁雄さんの愛人だという噂があるのです。加藤あいさんは2000年代初期に女優として大ブレイクしていましたが温泉で入浴している時の写真がパパラッチによって撮影され流出した事は有名な話ですよね。

このパパラッチを依頼したのが周防郁雄さんではないかと言われているようです。

入浴時の写真が流出した事によって加藤あいさんは人気が一時急落しますが、早い期間で復活し異常なほどメディアに露出していました。

ちなみに加藤あいさん所属事務所は「サムデイ」ですが、そのサムデイの社長である木村正明さんが元バーニングプロダクション所属だったと明らかになっています。

こういった繋がりが発覚したことで加藤あいさんは周防郁雄さんと愛人関係にあったとされているようです。そして関連ワードに「加藤あい 抱っこ写真」と表示される理由は周防郁雄さんに枕営業していた噂の影響だと言われています。

他にも周防郁雄さんと愛人関係にある女性タレントは山ほどいるようでスキャンダルが発覚してもすぐに復活している女性タレントは周防郁雄さんと愛人関係なのかもしれません。
スポンサーリンク



こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください