注目キーワード

札幌ガスボンベ連続爆破事件の犯人・名須川早苗の夫や家族の現在は?生い立ちや離婚歴についても!

  • 2019年2月19日
  • 2019年9月17日
  • 事件
  • 433回
  • 0件

2014年に札幌市で当時51歳だったセレブ主婦が起こした札幌ガスボンベ連続爆破事件。

その事件の犯人である名須川早苗ですが生い立ちや家族について注目が集まっており真相が気になるところです。

そこで今回は名須川早苗の生い立ちや家族について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

名須川早苗のプロフィール

名前:名須川早苗 (なすかわ さなえ)

生年月日:1964年?1965年?

年齢:55歳?56歳?

出身地:北海道札幌市

職業:無職、主婦

名須川早苗は2014年4月30日に札幌ガスボンベ連続爆破事件の犯人として逮捕されており5件の爆破事件を起こしています。

爆破事件を起こした理由については、過去に万引きで逮捕され恨みからの復讐だったと言われているようです。

名須川早苗の生い立ちについて調査してみしたが情報がありませんでした。

スポンサーリンク

家族の現在について!

ネット上では名須川早苗の家族の現在について注目が集まっており、気になるところ。

調べてみると名須川早苗は旦那と長女の3人家族である事が判明しました。

情報によると、逮捕された年の25年前に旦那と再婚しているようで家族の現在について調査してみましたが情報がありませんでした。

札幌北署の職員と不倫関係だったという説もありますが真相は不明です。

また、過去には6回も自宅を引っ越すなど外出する事はほとんど無く、家に引きこもり状態だったと近隣住民が証言。

スポンサーリンク

ガスボンベ事件の時系列!

名須川早苗は2014年1月27日に札幌北区にある北警察署の駐車場に停めてあったワゴン車にガスボンベを仕掛けて一部を炎上。

2月の初旬には札幌市中央区の北海道新聞社に犯行予告声明文を送っており、同時に北警察署には女性警察官の名前を挙げて署を批判する文書を送っていました。

2月20日には札幌市北区のMEGAドン・キホーテ新川店で2階靴売り場の一部が燃える事件が発生しガスボンベを爆発させようとした痕跡が見つかり、その後北警察署には文書が送られています。

3月18日に札幌市北区のイトーヨーカドー屯田店の駐車場に停車していた車が炎上。

男女が煙を吸い上げる軽傷を負い、27日には札幌市北区のジョイフルエーケー屯田店の1階トイレが全焼。

破裂した状態のガスボンベ3本が現場から発見されており、殺傷能力を高めるためか数十個の画鋲と一緒に爆発していたようです。

4月3日には北警察署近くにある道警官舎の階段踊り場でガスボンベが爆発し、共同の出入り口の窓ガラスなどが破壊する事件が発生。

北警察署近隣の警察官舎で事件が起きた時間帯に近くを走る名須川早苗の車がタクシーのドラレコに記録されており4月30日に激発物破裂容疑で逮捕されています。

スポンサーリンク

犯行動機は恨みだった?

若い女性警官ばかり狙って爆破事件を起こした名須川早苗ですが、過去に万引きで逮捕された恨みからの犯行と言われています。

名須川早苗は2013年12月〜2014年1月にかけてコンビニ4店舗から約1900枚の年賀状を万引きしており窃盗事件で北警察署に摘発。

家宅捜索の時に、名須川早苗の自宅からは事件現場に残されたガスボンベと同じ製造元名が書かれたメモや声明文に使用されたアルファベットのゴム印が見つかっています。

メモには5件のガスボンベ事件が発生した日付や万引きで逮捕された時の北警察署に勤務警戒がある女性警察官の名前が記載。

これにより万引きで逮捕された時の女性警察官に恨みを持ち、復讐のために爆破事件を起こしたと言われているようです。