吉田純子はレズで死刑執行の様子がヤバかった?子供や娘の現在についても!


久留米看護婦連続保険金殺人事件の主犯格でサイコパスと言われている吉田純子。

そんな吉田純子について検索すると関連ワードに「死刑執行の様子 暴れる」と表示されますが真相について気になるところ。

さらに吉田純子の生い立ちや子供の現在についても気になります。

そこで今回は吉田純子と死刑執行で暴れるの関係や生い立ち、子供の現在について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

吉田純子のプロフィール

名前:吉田純子 (よしだ じゅんこ)

生年月日:1959年7月10日

没年齢:56歳

出身地:福岡県山門郡三橋町  (現 柳川市)

出身小学校:柳河小学校

出身中学:柳河中学校

出身高校:私立佐賀女子高校衛生看護科

最終学歴:聖マリア看護専門学校

死刑執行の様子は?暴れたのはガセなのか?

最初にも説明しましたが吉田純子について調べると「死刑執行の様子 暴れる」と表示されますが一体どういう事なのか。

どうやら吉田純子が死刑執行の際に暴れた様子だったと証言する噂があったようでソース不明である事からデマと言われています。

しかし、情報によると死刑執行の際に殆どの死刑囚が抵抗し、引きずられるように刑場に連れて行かれるそうです。

なので吉田純子も暴れていた可能性は十分に考えられます。

スポンサーリンク

弟や娘の現在とは?

吉田純子には弟がおり、結婚した旦那との間には3人の娘がいました。

  • 長女 紀子
  • 次女 エリ
  • 三女 さやか

事件が発覚するまで吉田純子は久留米市内の高級マンションの最上階で3人の娘と同居していたようです。

吉田は三人の娘を溺愛し、娘たちも吉田の事を慕っていたそうです。

3人の娘や弟の現在について調査してみましたが残念ながら情報がありませんでした。

娘らに関しては贅沢三昧の生活を送り、母親の逮捕を機に、どこかでひっそりと生活しているかもしれません。

生い立ちについて!

吉田純子は昭和34年に自衛官の父親と専業主婦の母親の間に生まれました。

父親は自衛隊を除隊後に自動車整備工場を設立しますが上手くいかず専業主婦だった母親もサポートして働くことに。

 

しかし待っていたのは貧困生活で4歳下には弟がいましたが成績優秀で両親から大変可愛がられていたそうです。

一方で吉田純子は性格に問題があり、両親の言うことを聞いたり直したりする事が出来ませんでした。

 

そういった事から小学生の時からしつけと称して体罰を受けて育ったようです。

 

それが影響してか高校生の時に、友達が妊娠したという嘘をつき、同級生から中絶費用をカンパする詐欺行為で2ヶ月の停学処分。

この事件が影響し、吉田純子は正看護師ではなく准看護師の資格しか取れませんでした。

 

その為、卒業後は就職しますが退職して看護専門学校に通い、正看護師の資格手に入れたそうです。

看護専門学校で後に共犯者となる3人と出会い友人となりました。

その後は結婚と出産を経て、幸せな生活を送っていましたが遺産相続目的で旦那の祖母の養子になったのです。

そして38歳の時に友人だった3人をマインドコントロールして保険金目当ての凶悪事件を起こしました。

マインドコントロールで友人の1人だった堤美由紀は吉田純子と同性愛(レズビアン)の関係になったと言われています。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください