吉田実代の旦那との離婚理由は何?タトゥーが凄かった件についても!


2018年4月23日に放送される「深イイ話」に現役ボクシング日本王者でシングルマザーの吉田実代さんが出演し子育て&超ストイック生活に密着するそうです。

そんな吉田実代さんの元旦那との結婚や離婚した理由などタトゥーの噂についても気になるところです。

そこで今回は吉田実代さんの元旦那との結婚や離婚理由やタトゥーの噂について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

​​吉田実代のプロフィール

名前:吉田実代 (よしだ みよ)
愛称:戦うシングルマザー
生年月日:1988年4月12日
年齢:30歳
血液型:不明
出身地:鹿児島県
身長:161㎝
職業:プロボクサー
階級:バンダム級

吉田実代さんは中学卒業してすぐに一人暮らしを始めて働きながら通信制の高校に通っており20歳の時に上京しました。

2009年に総合格闘家の選手としてプロデビューし2011年にキックボクサーに2014年にはプロボクサーに転向しています。

プロボクサー転向後に結婚して2015年4月に長女を出産されていますが離婚。

2017年には日本バンダム級タイトルマッチで王座を獲得しシングルマザーのプロボクサーとして大きく注目されるようになりました。

現在は戦うシングルマザーの愛称で親しまれ子育てと超ストイックな生活に注目が集まっています。

スポンサーリンク

元旦那は誰なの?

​​吉田実代さんはプロボクサーとしてデビューした2014年に結婚されていますがお相手は誰だったのか気になるところです。

この件について調査してみたところ元旦那は総合格闘技・パンクラスフライ級の武蔵幸孝さんである事が判明しました。

名前:武蔵幸孝 (むさし ゆきたけ)
生年月日:1987年10月29日
年齢:30歳
血液型:不明
出身地:岩手県滝沢村
身長:171㎝
体重:54.4キロ
所属:フリー

格闘家同士で結婚されており2015年4月に第一子となる長女の「実衣菜(みいな)」ちゃんを出産されているようです。

しかし2015年に離婚されており離婚理由について気になるところです。

​​離婚理由は何だったの?

​​吉田実代さんと武蔵幸孝さんの離婚理由について調査してみましたが残念ながら本人の口から離婚について語られていませんでした。

ネット上では離婚した理由についてネット上では女性問題や家庭問題より性格の不一致の可能性が高いと推測されているようです。

確かに吉田実代さんは中学卒業と同時に一人暮らしを始めて働きながら通信制の高校に通われていましたので自立した女性です。

そのため男性の力を借りなくても大丈夫なタイプで子供が生まれて生活が激変し旦那への気持ちが冷めてしまったのかもしれません。

​​吉田実代にタトゥーあり?

​​吉田実代さんにはタトゥーの噂があるようですが真相が気になるところです。

どうやら過去にタトゥーの除去手術をしたようでツイッターでは左上腕に入れていたことを報告していたみたいですね。

炭酸レーザーでタトゥーを消すだけで35万円も掛かるとは驚きですよね。

タトゥーがあった時の吉田実代さん。

これなら除去手術に35万円も掛かった理由が分かりますし結構大きなタトゥーです。

ちなみに吉田実代さんではありませんが対戦相手の選手の背中にタトゥーがビッシリと入っていました。

格闘家の方はタトゥーを入れている方が多いですがタトゥーを入れている人のほとんどが後悔している人が多いみたいです。

吉田実代さんも左上腕に入れていたタトゥーを後悔して除去したのかもしれませんね。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください