原裕美子が万引きでまた逮捕!クレプトマニアや病気の可能性も!


元マラソン選手の原裕美子容疑者が群馬県太田市のスーパーで万引きしたとして逮捕されていた事が分かりました。

原裕美子容疑者といえば昨年にも栃木県足利市のコンビニで万引きして逮捕されており現在は執行猶予中でした。

これを受けてネット上では「クレプトマニアなのでは?」や「治療が必要」といった声が上がっているようです。

そこで今回は原裕美子容疑者の病気やクレプトマニアである可能性について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

​​原裕美子のプロフィール

​​名前:原裕美子 (はら ゆみこ)
生年月日:1982年1月9日
年齢:36歳
血液型:不明
出身地:栃木県足利市
身長:163㎝
出身校:宇都宮文星女子高等学校
職業:飲食店店員、元マラソン選手

​​原裕美子が2度目の逮捕!

報じられた内容によると原裕美子容疑者は2月9日に群馬県太田市のスーパーでキャンディーなど合計で3点を万引きしたとされており大田署に現行犯逮捕されたとのこと。

取り調べに対して原裕美子容疑者は「店を出る前に商品を戻すつもりだった」と容疑を否認しているそうです。

原裕美子容疑者は昨年にも栃木県足利市のコンビニで化粧品や食料品を万引きしたとして逮捕されており懲役1年、執行猶予3年の有罪判決が下されていました。

ツイッターでの反応は

逮捕されたという報道を受けてツイッターでは原裕美子容疑者の病気を心配する声やクレプトマニアだという声が上がっていました。

スポンサーリンク

​​病気やクレプトマニアの可能性は?

​​先ほども紹介したように原裕美子容疑者はネット上でクレプトマニアの可能性が高いと言われており万引き容疑で2回逮捕されているので確実と言えますよね。

クレプトマニアとは”窃盗癖“のことで精神疾患とも言われているそうです。

物を盗みたいという衝動や欲求を抑えられずに繰り返し窃盗を重ねてしまい、常習的に万引きを繰り返すことが多いですが盗む物の対象は自分が本当に必要な物ではなく、金銭的に高価な物だとは限らないそうです。

クレプトマニアは衝動や欲求を意思でコントロールすることが出来ない点が病的と言われており、盗むという行為を辞められない本人が悩むことになり専門的な治療が必要だといいます。

つまり原裕美子さんが昨年に万引きで逮捕されたにも関わらず今回も逮捕されたのは確実にクレプトマニアであるからです。

心の病が原因であり治療が必要とされているのでしっかりと治療かれてほしいですね。

昨年逮捕された時の公判で原裕美子容疑者は

しっかりと治療を続け、今後このような事がないよう事件のことを忘れることなく日々を過ごしていきたい」と述べていました。

昨年からしっかりと治療していたのであればこのような事件は発生しなかったでしょうし執行猶予中での犯行なので罪が重くなってしまいます。

しっかりと治療していかないとこの先も同じ事をずっと繰り返してしまうでしょうね。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください