南克幸の現在について!嫁の実家が金持ちだった!!


 

10月20日に放送される「爆報THEフライデー」に元バレーボール選手の南克幸さんが出演します。
2メートルのMさんと紹介されていましたが南克幸さんの事だったんですね!

番組では南克幸さんの現在について密着するそうですがネット上では現在の南さんが「年商100億円の社長」という噂が流れています
さらに嫁の陽子さんについても気になるところですね!

そこで今回は南克幸さんの現在や嫁の陽子さんについて詳しく調べてみました!!
スポンサーリンク



​​南克幸のプロフィール

引用:http://netaroom.com/athlete/minamikatsuyuki/

​​名前:南克幸 (みなみ かつゆき)
生年月日:1970年9月30日
年齢:47歳
血液型:O型
出身地:宮崎県延岡市
身長:200㎝
体重:88㎝
出身校:宇部商業高等学校
最終学歴:法政大学

南克幸さん大学1年生だった1988年にバレーボール日本代表として選出されています。
大学卒業後は旭化成に入社し、実業団のプロ選手としてプレーしていました。

1992年にはバルセロナ五輪に出場し、1993年にはユニバーシアードで金メダルを獲得しています。
その後も日本代表として多くの試合に出場し活躍していましたが2008年4月に現役引退しました。

引退後は旭化成の「ケミカルズゴム」の営業職に就き、最終的に営業部課長を務めるほどまで登りつめました。

2008年10月に現在の妻である陽子さんと結婚しており、2013年から陽子さんの実家の会社「老舗運業・加藤海運」の社長に就任しています。

 

​​現在は加藤海運の社長を務めていた!

 

​​プロフィールでも説明しましたが南克幸さんは
2013年より年商100億円の加藤海運の社長に就任しました。

加藤海運は元々、陽子さんの父親が社長を務めていたそうで南克幸さんは社長就任と共に旭化成を退社しています。
南克幸さんは加藤海運の会社で海上輸送をメインに飼料や製紙原料といった物を輸送しているそうです。

ちなみに加藤海運の歴史は相当長く、全国の主要な場所にも営業所があるようで総従業員数は100名を超えと言われています。

歴史の深い会社で業界経験0だった南克幸さんが社長に就任する事が決まった時は間違いなく社員からの反発があったと思いますが社長を務めていた陽子さんの父親は南克幸さんに託したかったのでしょう。

それにしても歴史ある会社の社長にいきなり就任するのは責任感や凄いプレッシャーがヤバそうですよね(笑)

南克幸さんは社長に就任して今年で4年目になりますが相当苦労したと思います。
陽子さんや周りからのバックアップがあったからでこそここまで来る事が出来たのではないでしょうか。

ちなみに現在はヒアリの駆除に苦戦しているようで、最初に日本でヒアリが発見されたのは加藤海運がある神戸港でした。

ヒアリを完全に駆除するのは難しいので大変そうですよね。
スポンサーリンク



​​嫁の陽子さんについて

​​2008年に南克幸さんと結婚した嫁の陽子さんですが元社長令嬢だったという事に驚きです。

現在は南克幸さんが社長で陽子さんは代表取締役専務という立場で会社を支えています。

元社長である父親の下で生活してきた訳ですから陽子さんのバックアップは非常に心強いと思います。

スポーツ界で活躍していた有名人が実業家に転身するのは良くある事ですが創業140年の社長に就任するというケースは珍しいですし、なかなかできることではありません。

やはり現在は妻の陽子さんあってこその加藤海運ですから南克幸さんは陽子さんに感謝しきれないでしょうね。

2人の子供について調べてみましたがそれらしき情報は一切ありませんでした。
スポンサーリンク




​​

​​

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください