内田正人の入院理由は逃げ!井上奨コーチに自殺を心配する声が!


5月23日午後8時に開かれた日大の内田正人監督と井上奨コーチの緊急記者会見。

会見では悪質タックルの指示について否定し井上コーチは辞任を発表、司会者が強引に会見を打ち切ろうとするなど酷い会見でした。

ほぼ100%黒幕である内田正人監督は会見後に心労という理由で病院へ。

さらにコーチを辞任し、全ての責任を押し付けられた井上奨さんには自殺を心配する声が相次いでいるようです。

今回は内田正人監督の入院理由や入院先の病院がどこなのか、井上奨コーチに自殺を心配する声が上がっている件について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

酷すぎた日本大学の会見

内田正人監督は悪質タックルの指示を否定し井上コーチも監督からの指示ではなかったと否定しました。

この会見では日大広報部の米倉久邦氏が司会を務めますが駆けつけた報道関係者に対して

  • 質問が多すぎる
  • 同じ質問を何回もする
  • もう9時半になったので会見を終了します

と言い放つなど、とにかく酷い会見でした。

報道関係者からの「あなたの発言で日大のブランドが落ちていますよ」という質問に対し

落ちません!!

と発言し日本大学の対応の悪さを米倉久邦氏が代表して披露してしまったのです。

◯関連記事

米倉久邦の経歴や会見中の態度が酷すぎる!日大が山口組に借金していた事が判明!

 

会見を開くも否定し続ける内田監督に対してネット上は大炎上し会見後に内田監督は心労という理由で入院したのでした。

宮川泰介選手の方が心労していたにも関わらずいい年した大の大人が自分の立場が無くなった途端、逃げるという卑怯さ。

なぜこのような人物が教育者なのか…

内田正人の入院理由は逃げ!

心労という理由で入院し、残ったアメフト部のコーチや選手らに全責任を押し付けた内田監督に批判が相次いでいます。

内田正人氏の入院理由について心労とされているようですが本当の理由は

  • 逃げ
  • 逃亡
  • 責任転嫁
  • 仮病

であり自分の立場が無くなると再び逃げて日大コーチや関係者らに責任を押し付ける。

内田正人監督は仮病で本当に心労しているのは悪質タックルを強要された宮川泰介選手。

内田監督の逃げ入院を受けてネット上はさらに大炎上しているようです。

教育者である立場の人間が1人の選手を退部に追い込み、自分は心労が理由で入院は流石に都合が良すぎますよね。

スポンサーリンク

逃げ入院先はどこなの?

都合よく逃げ入院した内田正人監督ですが入院先の病院がどこなのかきになるところ。

この件について調査したところ内田氏は

日大病院(駿河台日本大学病)に逃亡。

内田正人氏は事が収まるまで日大病院で避難しようと考えていると思われますが退院しても炎上は収まらないでしょうね。

そんな中で全ての責任を押し付けられて辞任した井上奨コーチには自殺を心配する声が相次いでいるそうです。

井上奨に自殺を心配する声が

悪質タックルの指示を改めて否定した井上奨コーチですが内田正人監督から全ての責任を押し付けられて辞任した結果、Twitter上では自殺を心配する声が。

精神的に参っていた状態に追い打ちをかけられるように全責任を背負わされて辞任したとなれば誰もが考えてしまいますよね。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください