住吉都の死去原因や理由とは?真相について


1月23日にスピードスケート選手の住吉都さんが死去していたと報じられ衝撃が走っています。

住吉都さんはスピードスケート女子短距離で2014年ソチ冬季五輪の代表でもありましたが20日に長野市内の自宅で死去していたことが明らかになりました。

死因については明かされておらずネット上では死去原因について様々な憶測がされています。そこで今回は住吉都さんの死去原因について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

​​住吉都のプロフィール

​​名前:住吉都 (すみよし みやこ)
生年月日:1987年3月19日
年齢:30歳
豪年:30歳
血液型:不明
出身地:北海道釧路市
身長:162㎝
出身校:釧路北陽高等学校
最終学歴:信州大学
所属:株式会社ローソン

住吉都さんは姉がスケートをしていた事がきっかけで小学1年生の時にスピードスケートを始めたそうです。

釧路北陽高校時代には1年生の時に出場したインターハイでスピードスケート1500mで8位に入賞しています。信州大学に進学してから急成長を遂げインカレで総合3連覇という偉業を成し遂げていたそうです。

社会人としての成績は今ひとつであり2014年に開催されたソチ冬季五輪では好成績を収める事が出来なかったといいます。

​​住吉都の死去原因とは?

​​​​悲しみの声が惜しまれている住吉都さんですが死因については未だ明かされておらず死去原因が何なのか非常に気になるところです。

ネット上では突然死か自殺と推測されているようで今回報じられた時には「自室で死去」と言われていました。住吉都さんが死に繋がるような病気を患っていたとすれば前々から病院に入院しているはずですよね。

そうなると死去原因は自殺か突然死の2つに限られるということになります。

住吉都さんは2017年12月末に行われた平昌五輪代表選考会に出場しましたが惜しくも五輪への切符を逃していたそうです。

コーチによると死去する前の住吉都さんの様子が非常に暗かったようで五輪に出場出来ないといった大きな悩みを抱えていたのかもしれません。

となると自殺の可能が高いですよね…

ちなみに突然死の可能性としてあげられている症状がいくつかありました。

スポンサーリンク

​​突然死の可能性とは?

​​死去原因として突然死の可能性も推測されているようです。

ネット上で調べてみると突然死の多くは心筋梗塞や脳梗塞、肥大型心筋症が原因であると言われており住吉都さんの死因が自殺でなければ3つの内のどれかになります。

ちなみに肥大型心筋症とは原因不明の心筋症で心筋が肥大しながら進行する事によって不全症状を呈し心室細動により突然死に至る事があるそうです。

死因が報じられていないので本当の死去原因が分かりませんがコーチの話や五輪切符を逃していたとなれば自殺かもしれません。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください