低脳先生(松本英光)の由来がヤバイ? hagexが標的になった理由についても!


6月24日に発生した福岡市中央区旧大名小学校内でのhagexさん殺害事件。

事件発生後に自主したとされる松本英光容疑者ですがネット上では「低脳先生」と呼ばれており理由や由来が気になるところです。

また、hagexこと岡本顕一郎さんが標的となった理由についても気になります。

そこで今回は松本英光容疑者が低脳先生と呼ばれる理由、由来についてや岡本顕一郎さんが標的となった理由について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

松本英光のプロフィール

名前:松本英光 (まつもと ひでみつ)
愛称:低脳先生
生年月日:1976年
年齢:42歳
住所:福岡市東区筥松1丁目
職業:無職

松本英光容疑者は事件を起こす前と後にブログ上で犯行声明文を残していた事が判明しており殺害したhagexこと岡本顕一郎さんに対して恨みがあったようです。

松本容疑者はネット上で低脳先生と呼ばれており「はてなブックマーク」上でIDコールを利用して複数のユーザーに誹謗中傷を繰り返す、はてブ界では有名な荒らしでした。

誹謗中傷が原因でどれだけ凍結されても再び新しいアカウントを作るといった事を繰り返しており低脳先生がこれまでに作ったとされるアカウント一覧がこちら!

低脳先生の捨てIDをわかる限り集める

とんでもない数ですよね。

低脳先生は荒らしが酷すぎるため、はてなブックマークからも目をつけられており通報して3分後には凍結するほど要注意人物とされていたようです。

スポンサーリンク

低脳先生の由来とは?

今回逮捕された松本英光容疑者ですがネット上では低脳先生と呼ばれていたそうで名前の由来が気になるところです。

低脳先生というあだ名の由来について調査したところ理由が判明!

どうやら松本英光容疑者の誹謗中傷の仕方が低脳だったとかそうい事ではなく、気に食わないユーザーを「低脳呼ばわり」していた事が低脳先生の由来みたいですね。

それにしても気に食わないユーザーを低脳呼ばわりするためにアカウントを何回も作り直すとはタチが非常に悪すぎます。

◯関連記事

大名殺人事件の犯人、松本英光の顔画像は?TwitterやFacebookについても!

Hagexが標的となった理由!

Hagexこと岡本顕一郎さんが低脳先生の標的になってしまった理由について注目が集まっているようで真相が気になります。

どうやらHagexさんが低脳先生への批判を記事にした事が原因と見られているようです。

低脳先生の酷すぎる荒らし行為に対して Hagexさんは「すぐ低脳先生は凍結できるから通報しよう!」記事に書いて呼びかけてしまった事が命取りになってしまいました。

もともとHagexさんは東京在住ですが福岡でIT関連のセミナー講師として訪れていたのと低脳先生が福岡市内在住だったという偶然の一致が犯行に及ぶきっかけになったのです。

低脳先生を批判する記事を書き、顔出しかつ、セミナーを告知していたとなれば非常に危険な状態だった事が分かります。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください