伊藤仁士の生い立ちや出身中学校が判明!Facebookや小学校、家族構成についても調査!

スポンサーリンク

茨城県小山市で少女2人を監禁して逮捕された35歳の伊藤仁士容疑者。

ネット上では伊藤仁士容疑者の生い立ちや出身中学について注目が集まっています。

さらに家族構成やFacebookアカウントについて注目があり気になるところです。

そこで今回は伊藤仁士容疑者の生い立ちや家族構成、SNSを調べてみました!

スポンサーリンク

伊藤仁士のプロフィール

名前:伊藤仁士 (いとう ひとし)

生年月日:不明

年齢:35歳

住所:栃木県小山市犬塚1丁目20-7

職業:派遣社員

Facebook:不明

伊藤仁士容疑者の自宅住所は栃木県小山市犬塚1丁目20-7と特定されており、この住所から出身小学校や出身中学校が判明しています。

小山市犬塚一丁目の学区がこちら。

  • 小山市立大谷北小学校
  • 小山市立小山第三中学校

ちなみに卒アル写真でもあったようにブレザーにネクタイのスタイルは小山第三中学校で間違いないとの情報が。

同行では表彰される程、成績優秀でしたが高校受験で第一志望に失敗して人が変わってしまったと言われています。

ここで高校受験が成功していれば人生は大きく変わっていた事でしょう。

スポンサーリンク

生い立ちを詳しく紹介!

週刊文春が伊藤仁士容疑者の生い立ちについて詳しく紹介されていました。

伊藤仁士容疑者は栃木県小山市の出身であり地元の小中学校を卒業しています。

自宅住所から学区は

  • 小山市立大谷北小学校
  • 小山市立小山第三中学校

ではないかと言われています。

学校時代は剣道一筋で女子生徒と交流などはせずに成績優秀の生徒だったようです。

表彰される程の優等生でしたが第一志望の高校受験失敗をきっかけに人が変わったと同級生は証言されていました。

高校に進学したか就職したのかは不明でラーメン屋でバイトしたり、自動車学校の事務をしていた過去があるとのこと。

また、現在は派遣社員として働いていたとの事ですが、半年前から少女が自宅にいたそうですし無職状態だったかもしれません。

スポンサーリンク

家族構成についても調査!

一軒家に1人で生活していた伊藤仁士容疑者ですが家族構成が判明しています。

  • 父親
  • 母親
  • 仁士容疑者

父親については運転手をしていましたが交通事故で亡くなられており、残された家族は遺族年金で生活をしていたとのこと。

弟と妹は既に自立して、妹に関しては医療系の仕事をしているようです。

自宅で1人で生活していた伊藤容疑者はニート状態で一人暮らしの母親が家に来て家事をするなど過保護状態だったといいます。

高校受験の失敗と父親の死が重なって、人が変わったのかもしれませんが過保護で少女2人も監禁、軟禁?していたのはヤバイです…

スポンサーリンク

ネット上の反応とは?

 

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください