井上尚弥と嫁のゴタゴタとは?パヤノ戦の動画や海外の反応についても調査してみた!


WBSSトーナメントの1回戦で衝撃70秒KOで勝利を収めた井上尚弥選手。

そんな井上尚弥選手について検索すると関連ワードに「嫁 ゴタゴタ」と表示され真相が気になるところです。

さらにパヤノとの試合動画や70秒KOに対しての海外の反応についても気になります。

そこで今回は井上尚弥選手の嫁のゴタゴタやパヤノの試合動画、海外の反応について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

井上尚弥と嫁のゴタゴタとは何なのか?

引用:http://yo-mu-wa-inko.com

ネット上では井上尚弥選手の嫁について調べると”ゴタゴタ”といったワードが表示されますが一体どういう事なのでしょうか。

 

井上尚弥選手は2016年12月の試合後にインタビューで「家族でゴタゴタがありまして…」と発言していました。

この発言が原因でネット上では嫁とゴタゴタがあったのではないかと話題になりましたが実際は井上選手の父親とゴタゴタのトラブルがあったそうです。

 

2016年9月に3度目の防衛戦がありましたが練習で腰を痛めており井上選手はみんなを心配させないように痛みを我慢して出場

しかし、試合中に痛がる素振りを見せてしまったためセコンドの父親が心配して声をかけインターバルになるたびに「大丈夫か?」と声をかけていたところ井上選手は、

大丈夫って言ってんだろ!!

と言い返し、試合には勝ったものの父親は一緒にリングは上がらず

お前とはもうチームを組まない」と激怒したのです。

 

その後、父親は家を飛び出し、車で寝泊まりしていましたが井上尚弥選手は反省し「ちゃんと話がしたい」と親子関係は回復。

確かにゴタゴタではありますが親子の絆を感じますし、良きエピソードですよね。

スポンサーリンク

パヤノ試合動画や海外の反応はどうなのか?

10月7日に行われたWBSSトーナメント1回戦で衝撃70秒KOで勝利を飾った井上選手。

わずか2発のパンチでパヤノ選手をKOしていますし、試合時間の早さに放送時間が余ってしまったため、フジテレビは相当困ったかもしれませんね。

 

モンスターと呼ばれている井上尚弥選手ですが対戦相手のパヤノ選手が「パンチが早すぎて見えなかった」と証言しており海外の反応についても気になるところ。

○海外の反応一覧

  • イノウエは本当に怪物だ
  • 1分で終わった…
  • 恐ろしい男だ
  • 信じられない…
  • 小柄なのに何て重いパンチなんだ
  • 彼は別格だ、相手が可哀想に見える

といった声が上がっていたようでパヤノ戦は海外に相当なインパクトを与えています。

ちなみにWBSSの優勝賞金は60億円との事で優勝する可能性も十分考えられますし世界的なボクサーになりそうですね。

井上尚弥のプロフィール

名前:井上尚弥 (いのうえ なおや)

愛称:Monster

生年月日:1993年4月10日

年齢:25歳

血液型:A型

出身地:神奈川県座間市

身長:165㎝

出身高校:相模原青陵高校

職業:プロボクサー

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください