井上奨コーチが内田正人の一生のパシリになった理由がヤバイ!裏就職の真相についても!


かみいみ日大アメフト部の悪質タックル問題で5月22日に会見を開いた宮川泰介選手が真実を話し内田正人監督、井上コーチから指示されていた事が判明しました。

そんな中でネット上では井上コーチが内田監督のパシリになった理由がヤバイと言われており真相が気になるところです。

そこで今回は井上コーチが内田正人監督のパシリな理由について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

宮川泰介選手の会見で監督やコーチが黒幕だった!

宮川泰介選手は会見を開いて悪質タックルを行った理由は内田正人監督や井上コーチから指示されたと明かしました。

やる気が足りないという理由で練習から外され井上奨コーチからは

「相手のQBを1プレー目で潰すので試合に出させてくださいと監督に言え」

と言われた宮川泰介選手は試合当日に内田監督に対して「相手のQBを潰すので使って下さい」と申し出ています。

内田正人監督からは、

「やらないと意味がない」

そして井上奨コーチからは、

出来ませんではすまされないぞ。

分かっているな?

と監督コーチから念押しされていた事が明らかになり2人が確信犯だった事が判明。

ちなみに宮川泰介選手は6月に予定されていた日本代表を辞退しろと監督から言われており精神的にズタズタな状態でした。

20歳の青年が真実を話すため実名や顔を公開して会見を開くという勇気ある行動に対して高須院長は称賛していました。

宮川泰介選手は

「アメフトはもうするつもりはありません。今後どうしていいのか分からない」

と大好きだったアメフトを辞める事を決意しておりネット上では指示した内田正人監督と井上コーチに対して批判が殺到しています。

スポンサーリンク

井上奨が内田正人のパシリになった理由がヤバイ!

宮川泰介選手が内田正人監督や井上コーチから相手のQBを潰すように指示されていた事が明らかになりましたがなぜ井上コーチは監督の言いなりでパシリなのか。

この件について調査すると井上奨コーチは大学時代(日大アメフト部時代)にホモビデオに出演していた事が関係しているようです。

井上奨コーチは大学を卒業後、

日本大学へ裏就職しておりその後は日大事業部勤務から裏採用で日大三軒茶屋キャンパス数学サポート課に勤務。

そして日大豊山高校アメフト部の監督を歴任されており宮川選手は高校時代に井上コーチにお世話になっています。

井上コーチは大学時代にホモビデオに出演した事によって内田監督の顔に泥を塗ったという経歴がありますが裏就職によってホモビデオ出演歴が隠されていました。

2013年9月6日に週刊誌が井上コーチのホモビデオ出演していた事を掲載していますが内田監督は当時、保健体育事務局長であったためフライデーが掲載した記事は権力によって闇に葬られています。

知られてはいけない過去を揉み消してくれた内田監督に対して井上奨さんは

この恩を一生かけて返すために内田監督のパシリになった」とされています。

高校の時の教え子に対して悪質タックルを指示したり出来るなんて信じられません。

ちなみに宮川泰介選手が会見を開いて真実を明かしたにも関わらず日本大学は否定し続けており顔や名前を出すこともなく紙だけでしか言えない始末。

勇気ある行動をとった20歳の青年を見習うべきなのではないでしょうか。

◯関連記事

日大の田中理事長と山口組の交友関係が発覚!内田正人との関係についても!

ネット上の声まとめ

スポンサーリンク

 

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.