中邑菫の両親や小学校はどこ?大橋のぞみに似てると言われる理由は?


2019年4月1日付で史上最年少のプロ棋士になる予定の中邑菫さん。

そんな中邑菫さんの両親や通っている小学校について注目が集まっているようで真相が気になるところです。

さらにポニョの大橋のぞみさんに似てるとの声も上がっており理由は何なのか。

そこで今回は中邑菫さんの両親や小学校について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

中邑菫のプロフィール

名前:中邑菫 (なかむら すみれ)

生年月日:2009年3月2日

年齢:9歳

出身地:大阪府此花区

中邑菫さんは両親の影響で3歳の時に囲碁を始めており7歳の時には囲碁の修行のため韓国に移住していたそうです。

ちなみに韓国は世界囲碁選手権で何度も優勝経験がある強豪で中邑菫さんは韓国の道場で修行を積んだとのこと。

また、囲碁の実力だけでなく韓国語がペラペラになるなど現在では両親の通訳まで出来るので驚きですよね。

帰国後は数々の大会で賞を受賞するなど2019年4月付でプロ棋士となる予定です。

大橋のぞみに似てる?

ネット上では中邑菫さんが崖の上のポニョの歌で話題となった大橋のぞみさんに似てると話題になっているようです。

そこで実際に比較してみると、

確かに、目元が似ていると感じましたが髪型に関しては全く同じですよね。

髪型の影響で大橋のぞみさんに似てるように見えるのかもしれません。

スポンサーリンク

両親も囲碁のプロだった!

末恐ろしい9歳と話題になっている中邑菫さんですが実は父親と母親が囲碁のプロでサラブレッドだった事が判明しました。

父親の中邑信也さんは、

日本棋院関西総本部九段の持ち主であり

母親の中邑幸さんに関しては、

囲碁インストラクターをしているようです。

つまり娘は生まれて物心がついた時には囲碁があり、両親の英才教育を受けて強くなった事がよく分かります。

韓国での修行のために家族で移住したことには驚きですが今年の4月にはプロ入りしますしおすし屋さん末恐ろしすぎる9歳ですよね。

通ってる小学校はどこ?

9歳にして囲碁の世界で凄まじい成績を残している中邑菫さんですが通っている小学校がどこなのか注目が集まっています。

この件について調査したところ、

大阪市立高見小学校であることが判明。

現在は小学校4年生との事ですが4月にはプロ入りなので同じクラスの子たちは驚いていることでしょうし、人気者になりそうですね。

将棋界の藤井聡太さんの様にデビュー後の快進撃に注目です!

スポンサーリンク

ネット上の反応まとめ!

こちらの記事も読まれています!

中邑菫の両親や小学校はどこ?大橋のぞみに似てると言われる理由は?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください