上重聡の不祥事は脱税だった?野球の実力がヤバすぎる件についても!


1998年夏の甲子園で松坂大輔選手と死闘を繰り広げた元PL学園の上重聡さん。

そんな上重聡さんについて検索すると関連ワードに「不祥事」と表示されますが一体どういう事なのでしょうか。

さらにエリート過ぎる野球の実力についても気になるところです。

そこで今回は上重聡さんの不祥事の真相や野球の実力について調べてみました!

スポンサーリンク

不祥事の真相とは?

上重聡さんといえば「スッキリ‼︎」の総合司会に起用された3日後に不祥事が発覚して降板していますが一体どのような内容なのか。

どうやら番組スポンサーでABCマート元会長から多額の利益給与を受けていたのです。

 

上重聡さん高級タワーマンションの購入費として1億7000万円を無利子で借り入れ、高級外車のベントレーを無償で借りて禁止されているマイカー通勤をしていたとのこと。

 

報道機関である民放の社員がスポンサーから多額の便宜を払ってもらう事自体が重大なコンプライアンス違反だと批判が殺到。

 

また、完全に贈与であることから脱税疑惑が浮上し上重聡さんはバッシングを浴びてスッキリを降板したのです。

“無利子だし返済はいつでも良いよ!”と形上はなっていますが金額が金額ですし完全に裏があるとしか思えませんよね。

好感度が高かっただけに、この報道によって上重聡さんはテレビから遠ざかりましたが2018年頃から復帰されています。

スポンサーリンク

野球の実力が凄すぎる!

上重聡さんは小学2年生の時に野球を始め全国優勝の経験があるそうです。

中学では硬式クラブチーム「八尾フレンド」に在籍されています。

八尾フレンドといえば多くのプロ野球選手や甲子園球児を輩出しており上重さんは中学でも全国優勝を経験しているのです。

 

その後はPL学園に進学すると3年時に甲子園春夏連続出場を果たし、夏の甲子園では横浜高校の松坂大輔選手と死闘を繰り広げます。

甲子園が終わり、第3回AAAアジア野球選手権大会日本代表に選手され優勝を経験。

上重さんはプロ入りを表明せず立教大学に進学しています。

大学時代は右肘を痛めたことで一時的に外野手としてプレーしていましたが2年の時に復帰し、完全試合を達成。

 

大学3年頃からアナウンスセミナーに通うようになり4年時には主将を務めますが肘の影響で思うような投球が出来なくなっていました。

プロ野球からの誘いもありましたが断念しアナウンサーへの道を切り開いたのです。

肘の怪我さえなければ間違いなくドラフト1位でプロ入りしていたでしょうね。

エリート街道を歩んでいた事もありアナウンサーになった時は松坂大輔選手やPLの元チームメイトも驚いた事でしょう。

上重聡のプロフィール

名前:上重聡 (かみしげ さとし)

愛称:エース上重

生年月日:1980年5月2日

年齢:38歳

血液型:O型

出身地:大阪府八尾市

身長:181㎝

出身高校:PL学園高校

最終学歴:立教大学コミュニティ福祉学部

職業:アナウンサー

活動期間:2003年〜

勤務局:日本テレビ

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください