リトルジェムス北九州校・施設長の名前や顔画像は?カナダ人講師ジェイソン先生の処分が甘すぎる件!

スポンサーリンク

北九州市小倉北区馬借にあるリトルジェムス北九州校で起きた園児暴行事件。

ネット上ではカナダ人講師の名前がジェイソン先生と特定されていますが施設長の名前や顔画像にも注目が集まっています。

そこで今回はリトルジェムス北九州校の暴行事件や施設長が誰なのか、名前や顔画像について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

リトルジェムス北九州校の施設長の名前や顔画像は?

福岡県北九州市小倉北区馬借にあるリトルジェムスインターナショナルスクール北九州校で起きた40代カナダ人講師による園児暴行事件を受けて施設長に批判が殺到しています。

元職員による告発で事件が発覚しましたが当初、施設長やカナダ人講師は暴行を否定しており、動画の存在を知り認めたようです。

つまり動画が無ければ、認めるつもりなど無かったのかもしれません。

動画では他の職員も写っており、元職員の男性は上司に実態を報告しますが対処や改善すらされなかったといいます。

隠蔽していた施設長の名前や顔画像について調査してみましたが公式ホームページにも掲載されておらず特定できませんでした。

ただ、情報番組では保護者説明会の音声が公開されており施設長は「女性」だったことが分かっています。

名前や顔画像について詳しい情報が入り次第早急に追記したいと思いますので今しばらくお待ちください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

暴行したカナダ人講師はジェイソン先生!

言うことを聞かない園児を叩いたりするなど感情的になって暴行していた40代のカナダ人講師ですが既に特定されています。

引用:リトルジェムス北九州校

ジェイソン先生はカナダ・オンタリオ出身でリトルジェムス北九州校では幼児教育を専門に指導していたようです。

また、自身も二児の父であり5年前から同校に勤務しているとのこと。

元職員の男性が「あの態度はなんだ!?」と問い詰めると「ふざけるな!」と逆ギレし施設長と共に当初は暴行を否定。

その後、証拠となる動画の存在を知ると、あっさり事件を認めたのです。

スポンサーリンク

処分が甘すぎる件について

ジェイソン先生は5月14日から出勤停止処分を受けており、現在は自宅待機状態。

教育者である人間が他人の子供にあれだけの事をしておいて出勤停止処分は流石に甘すぎますし、日常的に暴行していたという証拠は取られているのです。

それなのに今後の処分を市と相談し、暴行をあくまでも行き過ぎた指導と主張しする施設長も中々ヤバいですよね。

もし自分の子供が被害に遭っていたらと考えるとゾッとしますし、謝罪だけで済むものではありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネット上の反応まとめ!

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください