リアルカイジはヤラセだった?衝撃の理由とは!


12月28日に放送された「リアルカイジ」ですがニートチャーハンこと福田剛佳さんが見事賞金200万円を手にして幕を閉じました。

ファーストステージの「鉄骨渡り」から始まり衝撃的なシーンが非常に多かったリアルカイジ。そんな番組は放送終了後に「ヤラセだったのではないか?」といった声がネット上で沢山上がっているようです。

確かに番組を見た時に「ヤラセっぽいな」と思うシーンがいくつかあり違和感を感じました。そこで今回はリアルカイジのヤラセ疑惑について詳しく調べてみました!!
スポンサーリンク



​​鉄骨渡りでヤラセ発覚?

​​12月28日に「人生逆転ゲーム・リアルカイジ」が放送されましたが放送終了後にネット上でヤラセだったのではないかと話題になっています。

まずリアルカイジのファーストステージで原作や実写版映画でも人気があった「鉄骨渡り」が再現されており二本の鉄骨を3人ずつで渡るというルールでした。

その鉄骨渡りで「何かおかしいな」と思ったのは挑戦者の方が落ちていく瞬間に原作と似せるかのように大袈裟に声を上げながら落ちていったのです。

ネット上でも疑問を抱いている方がチラホラ見えましたが上記の画像のように高さが凄いですので高所恐怖症の方であれば声を上げても不思議ではないかもしれませんね。また番組側から落ちる時には大袈裟に落ちてくださいといった声をかけられていた可能性もあります。
スポンサーリンク



​​敗者復活での言い合いが嘘くさい?

​​12人が挑戦した鉄骨渡りでは4人が見事クリアし残りの8人が脱落となりました。

しかしクリアした4人が多数決で8人のうちの1人を選び敗者復活できるというルールが設けられ残された8人は必死に自分を復活させてほしいとアピールし始めたのです。

何回もお願いする者もいれば笑いを取ってお願いする者もいましたが「母を訪ねて1000万円」こと佐々木智子さんはいきなり叫びだすと必死にアピールして復活を願う者に対して「こいつら信用できないから!」と言い放ちクリアした1人の手を取って自分の胸を触らせようとしたのです。

佐々木さんは「私の心臓の音を聞いてください」と言って胸を触らせようとしましたが復活する事は出来ませんでした。

ここが1番ヤラセを疑うシーンでしたね(笑)
ツイッターでは彼女の取った行動に対して「ヤラセ確定」といった声が上がっており明らかに演技っぽかったです。

お金のために必死なのは十分分かりますが全国ネットでそんな事は普通しないでしょ(笑)見てる側が恥ずかしい気持ちや複雑な気持ちになりましたしヤラセの可能性が高いと思います。

原作により近づけようとしたのか演技をさせたようなヤラセ感が強いシーンでした。また台本が存在していたのかは分かりませんが台本の存在を疑ってしまうような展開だったのではないでしょうか。
スポンサーリンク



​​挑戦者がカンペ見まくりだった?

​​敗者復活で1人選ばれ生き残った5人は投げたサイコロの数だけ進み、辿り着いたマスで所持金が増えたり減ったりといったハラハラドキドキの最終ステージを行いました。

リアルガチカイジこと澤田開士さんが辿り着いたマスには「最初からスタートさせる事ができる」と書かれており他の挑戦者をまた1からスタートさせました。

その時に再スタートさせられ頭にきた女性は「あとで絶対ビンタしてやるからな」と発言し、ここで再びネット上がざわつくことに。

さらにその後も澤田開士が同じマスに辿り着くと最初のマスから戻されたくない他の挑戦者は「200万ペリカあげるから」と交渉して当てられるのを避けていました。

この時、福本伸行公認クズこと伊藤こう大さんと澤田開士さんは交渉の際にカンペを見る仕草を見せながらやりとりを進めているように見えました。

実際にカンペを確認していたのかは分かりませんが挑戦者の仕草や言動が明らかにぎこちなかったのでヤラセを疑われてもおかしくありません。

まぁ脱落した挑戦者の中には8億円の借金を背負った方がいましたしそっちの方が衝撃的でしたね。

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください