デヴィ夫人は若い頃にコールガールをしていた?総入れ歯にした理由がヤバイ!


デヴィ夫人といえば現在見ない日が無いぐらい人気でテレビ番組に欠かせない存在となっていますよね。

若い頃がハーフっぽくて綺麗すぎるデヴィ夫人ですが若い頃にコールガールをしていたという噂があるようです。

さらに16歳の時に総入れ歯にしているそうなのですが理由について気になるところです。

そこで今回はデヴィ夫人が若い頃にコールガールをしていたという噂や16歳で総入れ歯にした理由について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

デヴィ夫人のプロフィール

名前:デヴィ・スカルノ
本名:根本七保子 (ねもと なおこ)
生年月日:1940年2月6日
年齢:78歳
血液型:不明
出身地:東京都港区西麻布
出身校:東京都立三田高等学校
職業:タレント
活動期間:1970年〜

若い頃が綺麗すぎる件!

ハーフなのでは?と話題になっていますがデヴィ夫人の両親は日本人です。

写真は現在の技術で加工なりなんなり施せますが当時はそのままの状態でこれだけ綺麗に写るデヴィ夫人って本当に美人ですよね。

誰が見ても綺麗で華があるので若い頃のデヴィ夫人が現在の芸能界にいたら人気が半端なくてデヴィ現象が起こると思います。

それにしても普通に撮影してこの綺麗さには本当に驚きですし異常です。

スポンサーリンク

若い頃にコールガール?

若い頃が綺麗すぎると話題になっているデヴィ夫人ですがネット上では若い頃にコールガールをしていたという噂があります。

ちなみにコールガールとは現在でいう「デ◯◯ル」と言われていますが本当にデヴィ夫人が本当にコールガールだったのか非常に気になるところです。

この件について調査してみたところデヴィ夫人は多額の借金を抱えた家計で育ち貧しい家計を助けるために赤坂で有名な高級クラブ「コパカバーナ」でホステスとして働いていたそうです。

そして世界のVIPが通っているクラブで働いていたデヴィ夫人は夜の接待をしていたのではないかと言われているんだとか。

そういう事からデヴィ夫人にはコールガールの噂がされているみたいですね。

ちなみにインドネシアのスカルノ大統領とは高級クラブで出会っています。

男性から大人気だったデヴィ夫人は夜の接待をするために16歳にして総入れ歯にしたという噂もあるようです。

16歳で総入れ歯にした理由

16歳の時から高級クラブでホステスをしていたデヴィ夫人ですが男性客に対して夜の接待をするために総入れ歯にした噂があります。

VIPの男性客に気を遣うため総入れ歯にしたようですが16歳の時だから気にしなくて良かったのでは?という意見もあったそうです。

いくら海外の政治家やVIPが来るからといって16歳で歯が悪い訳でもないのに総入れ歯にする覚悟が凄いと思いました。

がしかし、この総入れ歯にした理由はソースが全くない事からデマの可能性が高いと言われており本当は単に見栄えを良くするために総入れ歯にしたとされているようです。

噂は怖いが夜の接待で世界中のVIPを相手にしていた訳なので、それが理由で総入れ歯にしたと言われたら誰でも信じちゃいますよね。

スポンサーリンク

 

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください