ジョンヒョンの遺書全文を和訳で公開!


12月18日に自殺したSHINeeのジョンヒョンさんですが現在でも悲しみの声が沢山上がっています。

27歳という若さで自ら命を絶ってしまったジョンヒョンさんは亡くなる前に友人に遺書を渡していたようで遺族の許可を得た上で遺書が公開されているそうです。

ジョンヒョンさんの遺書と見られる文書はインスタグラム上で公開され大きな話題になっていますが遺書全文や和訳も気になるところです。そこで今回はジョンヒョンさんの遺書全文を和訳で紹介していきたいと思います。
スポンサーリンク



​​ジョンヒョンの遺書全文を和訳で

​​ジョンヒョンさんは12月18日に自殺してしまいましたが友人に遺書を渡していた事が判明しており遺書の内容が悲し過ぎると言われています。

ちなみに公開された遺書はハングル文字なので韓国語が分かる方しか読む事が出来ません。そこでジョンヒョンさんの遺書全文を和訳して紹介していきたいと思います。

僕は心底壊れた。ゆっくりと僕を蝕んだ憂鬱は結局僕を呑み込んで

僕はそれに勝てなかった。

僕は僕が憎かった。途切れる記憶を掴んで

いくらしっかりしろと叫んでみても答えはなかった。

詰まるような息を晴らすことができないならいっそ止めたほうがいい。

僕に対する責任を取れるのは誰かと訪ねた。

それは僕だけだ。僕は静かに寂しく1人だった。

終わらせるという言葉は簡単だ。終わらせるのは難しい。

その難しさに今まで生きてきた。逃げたかった。

そうだ。僕は逃げたかった。

僕から。僕から。

そこで誰かと訪ねた。僕だと言った。また僕だと言った。そしてまた僕だと言った。

なぜ何度も記憶を忘れるのかと言った。性格のせいみたいだ。そうですね。結局私のせいなんですね。

気づいてほしいと願ったけど誰も気づかなかった。僕に会ったことがないから僕がいると知らなくても当然だね。

なぜ生きるのかと尋ねた。ただ、ただみんなただ生きるんだ。

なぜ死ぬのかと尋ねると疲れたんだと言うんだ。

苦しみ悩んだ。うんざりする痛みの多くを歓喜に変える方法は習ったこともなかった。

痛みは痛みでしかないんだ。

そうしないように自分を責めた。

なぜ?僕はなぜ自分の思うままに実を結ぶことができない?

なぜ辛いのか探した。

よくわかってる。僕は僕のせいで辛い。全部僕のせいなんだ。

先生はこの言葉を聞きたかったのですか?

違う。僕は間違っていない。

慎重な声で僕の性格のせいにした時の医師はあまりに簡単だと思った。

なぜこんなにも辛いのかが不思議なほどだ。僕よりも辛い人たちもちゃんと生きているのに。

僕よりも弱い人たちもちゃんと生きているのに。

違うみたいだ。生きている人の中で私より大変な人はいないし僕より弱い人はいない。

それでも生きなさいと。

なぜそうしなきゃいけないと何度も何度も尋ねても僕のためではないんだ。君のためだ。僕のためであって欲しかった。

どうか知らんぷりはしないで。

なぜ辛いのかを考えてみてって。何度も話をしたじゃないか。なぜ僕が辛いのか。

それじゃこんなにも辛い思いをしなきゃだめなの?

もっと具体的なドラマがいなければならないの?もっと事情があればというの?

すでに話したじゃないか。もしかして聞き流したんじゃないの?打ち勝つことが出来たら傷として残らない。

世の中とせめぎ合うのは私の役目ではないみたいだ。

全てそれで辛かったんだ。せめぎ合って、知られて辛かったんだ。なぜそれを選んだのだろうか。笑えるよ。

これまで持ちこたえていたことが偉いでしょ。

それ以上何が言える。ただお疲れ様と言って。

これだけやった事をよくやったと、ご苦労様と言って。

笑うことはできなくても責めながら見送らないで。

お疲れ様。本当にご苦労様。さようなら。

引用元:https://twitter.com/haruchami117218/status/942903313665683456


このようにジョンヒョンさんが残した遺書を見ると本人がどれだけ悩み苦しんでいたのかがはっきりと文から伝わってきます。

悲しさと辛さが沢山込められているこの遺書は公開と同時に悲しみの声で包まれています。

ジョンヒョンさんは鬱病を患っていたと明らかになっており左脇腹には鬱病を意味する黒い犬のタトゥーが入っていたのです。

この黒い犬のタトゥーはSOSサインとも言われているようで1人で相当悩んでいた事が伺えます。

超人気グループのメインボーカルであるジョンヒョンさんは自ら作詞作曲を務めていた事も判明しているようで休みのない日々を過ごしていたと思います。そして周りにはタトゥーでしか助けを求める事が出来なくなるほど精神的に参っていたのかもしれません。
スポンサーリンク



​​ジョンヒョンは誰に遺書を渡した?

​​ジョンヒョンさんの遺書が公開され大きな話題になっていますが、そもそもジョンヒョンさんは誰に遺書を渡して誰が公開したのか。

調べたところジョンヒョンさんから遺書を託されて公開したのはDear Cloudのナインさんという方だそうです。

ナインさんはジョンヒョンさんと昔から深い交流があり本人からこの世を去ったら公開してほしいと遺書を渡されたのですがナインさんは遺書を公開するのに相当悩んだといいます。

家族と話し合った結果、ジョンヒョンさんの遺言通りに遺書公開に踏み切ったと本人の口から語られているようです。

​​遺書がナインに渡されたのはいつ?

​​ジョンヒョンさんは果たしてナインさんにいつ遺書を渡したのか、こちらの件についても注目が集まっているようです。

ナインさんは12月の初めに行われたジョンヒョンさんのライブの数日前に遺書を託されたと判明しており、この事はジョンヒョンさんの家族にも事前に伝えられていたそうです。

ちなみにご家族は遺書の存在を知る以前からジョンヒョンさんが鬱のような症状を抱えていた事を知っており遺書の存在を知った後にはジョンヒョンさんにより一層気を遣っていたとのこと。

黒い犬のタトゥーのSOSといい、遺書の存在といい関係者や周りの方は何かしら悔やむ事が多かったのではないでしょうか。

ジョンヒョンさんは亡くなられてしまいましたがいつまでもファンの心の中で永遠に輝き続けていると思います。

ご冥福をお祈りします。
スポンサーリンク



こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください