オフィス北野の社長やマネージャーの給料や年収がヤバすぎる問題!


ビートたけしさんがオフィス北野を独立した騒動が話題となっていますが事務所社長である森昌行社長が大きく関係していた事が判明しました。

さらに森社長の年収や役員、マネージャー等に高額な給料が支払われていた事も明らかになり独立したビートたけしさんは「俺の事務所が乗っ取られた」と言うほど悲惨な状況だったようです。

オフィス北野で社長やマネージャー達に支払われていた給料や年収がいくらだったのか森社長の裏切り行為について気になるところ。

そこで今回はオフィス北野の社長やマネージャーに支払われている給料や森社長の裏切り行為について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

オフィス北野のマネジャーや社員の給料が明らかに!

ビートたけしさんがオフィス北野を独立したことによってオフィス北野で社員やマネージャー、役員などに支払われていた給料や年収が容認できない水準に引き上げられていたようです。

そこでオフィス北野の給料についてまとめてみました。

マネージャーは新人で年収500万

2〜3年で800万、10年越えれば1000万円

主任になると2300万

そしてオフィス北野社長である森社長は1億円近い報酬をもらっていたのです。

マネージャーや社員の給料は容認できない水準になっていましたが2018年4月1日から熊本に活動拠点を移した井手らっきょさんに対しては年収100万円で後に森社長が井手らっきょさんを熊本に移動せざる得なくさせていた事が判明しました。

この事実を知ったビートたけしさんは森社長に対して「井手が可哀想じゃねぇか!」と激怒していたそうです。

さらに森社長は役員報酬の引き上げは事前相談がなかっただけでなく商法上必要な手続きを怠っていたとのこと。

ビートたけしさんに内緒で役員に高額な報酬を支払っていただけなく井手らっきょさんに対しては不当な扱いをしていたとなれば非常に許せない行為です。 

スポンサーリンク

森昌行社長の顔画像

オフィス北野は1988年にビートたけしさんやたけし軍団の新会社として設立され、たけしさんから信頼されていた森昌行さんは経営や財務面を全面的に任されていました。

しかし森社長はビートたけしさんが事務所を独立する大きなきっかけを作ってしまい過去の裏切り行為が明らかとなりました。

森社長の2つの裏切り行為

森昌行社長は二つの裏切り行為をしてビードたけしさんからぶち切れられています。

たけしさんが知らない間に森社長は何時の間にかオフィス北野の筆頭株主になっていたことと森社長を始め会社の役員報酬の金額がたけしさんにとって容認できない水準になっていました。

たけしさんに内緒で筆頭株主になっていた件に関して森社長は「会社を守るため、やむ得ない措置だった」と明かしているようですがたけしさんには事前に説明していなかったようです。

森社長はたけしさんからの指摘を受けて謝罪をし信頼を取り戻す約束をしましたが2017年9月末の決算においてオフィス北野が赤字に。

赤字原因は先ほど紹介した森社長の筆頭株主と巨額な役員報酬が全く改善されていなかったからだったのです。

さらに森社長はたけしさんから巨額な役員報酬を引き下げて、たけし軍団のプロモーションに注力するようにと指示を受けていましたが無視して今まで通りの巨額の役員報酬を続ける他、たけし軍団のプロモーションには全く注力していなかったのです。

その結果、井手らっきょさんが熊本で活動せざる得なくなりました。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください